スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「訳語の引き出しを充実させる方法」 

標題の拙稿がサイマルアカデミーの講師ブログに掲載されました。

他言語を学ぶ方にも参考になるかと思います。短い文章ですぐ読めますので、よろしければご笑覧ください。

「サイマル講師おすすめ勉強法Vol.4: 訳語の引き出しを充実させる方法」

ちなみに上記ブログ左上の検索ウインドーで「中国語」と入力すると、中国語関連の他の記事も読めます。
スポンサーサイト

中国語ジャーナル2011年3月号に拙稿掲載 

本日2011/2/9発売の『中国語ジャーナル』3月号(アルク社)の「プロ翻訳者の仕事」というコーナーに拙稿が掲載されています。翻訳者の使命、仕事の醍醐味、翻訳者を志す方へのアドバイスなどについて書きました。機会があれば、お手にとってご覧頂ければ幸いです。なお、顔写真つきなので、見たくない方はご注意ください(笑)

翻訳サイトの今どきの精度 

半数以上が翻訳サイトで「長文のまま翻訳」。肝心の精度は? という記事が面白かった。

翻訳サイトを利用したことがある人1000人が調査対象で、利用したことがあるサイトは、「Yahoo! 翻訳」と「エキサイト 翻訳」が圧倒的に多いのだそうだ。そんなことすら自分は初耳。「ひょっとしたらいつか自分の足元を脅かすかもしれない、いけ好かない奴」という思いを機械翻訳に対して心のどこかで抱いているせいか、できるだけ遠ざけたいのである(笑)

この調査では、(1)長文のまま翻訳する人、(2)文節に区切って翻訳する人、(3)単語など1~2語ごとに翻訳する人の割合を調べた上で、それぞれの翻訳結果の精度について尋ねている(「長文のまま」の人が半数強で一番多い)。

それぞれの回答者に、翻訳結果は正確だと思うかを聞いたところ、「長文でもそのまま翻訳する」人では37.1%が、「文節ごとにいくつかに分けて翻訳する」人では47.3%が、「単語など1~2語ごとに翻訳する」人では67.4%が『正確』であると回答した。


何をもって「正確」とするかは人それぞれだろうけど、まあ現状ではだいたいこんなものなのだろう。この先しばらくは「原語の意味をきっちりと伝える訳が欲しい」というニーズに対しては、ヒトの翻訳者は欠かせまい。

ただし現状の精度があれば、原文が平易ならそこそこの翻訳結果が出るだろうし、「ところどころ意味不明でも、原文におおよそ何が書いてあるか、分かればいい」というニーズにはおおむね対応可能、ということでもある。

こうした状況を翻訳者のキャリアという点から考えると、平易な仕事を翻訳者が受注する割合は減って、難しいものが翻訳者にいく傾向が強まるということになる。かつては「翻訳者になりたての頃は平易な仕事(専門用語の少ないレターとか)からスタートし、徐々に難度の高い仕事に取り組んでいく」というルートをたどることができたけど、今は翻訳会社のトライアルに合格したらいきなり専門性の高い仕事を受注する、というケースが多いのではないかと思う。


「配慮があったのは明らか」記事の中国語ソース 

本日のYahoo!ニュースのアクセストップ記事。取り急ぎリンクと一部引用のみです。

「配慮があったのは明らか」ヨナの銀メダルに中国メディアが疑問を呈す(リンク先はサーチナ)

金妍儿争议摘银遭观众嘘 韩媒热捧竞技公平失色

  在世锦赛自由滑浅田真央发挥完美,且分数打出来还低于金妍儿时,都灵观众的嘘声经久不息。而当比赛结束进行颁奖时,金妍儿收到了掌声远远少于冠军和季军。而且,从赛后的打分明细表来看,金妍儿受到裁判的照顾显得也是那么“明目张胆”。即便在自由滑的比赛中,金妍儿无论是跳跃还是旋转都明显不如冬奥会时的状态,可裁判给她的执行加分依然是全场最高的。

  而从金妍儿摔倒后,那似乎有点想放弃比赛的表情来看,获得冬奥会冠军的她确实已经缺少动能去继续征战。在自己都不想滑的情况下发挥严重欠佳,还是战胜一大批选手获得银牌,这不得不说是花样滑冰的一种悲哀。韩媒的捧杀和热炒,在刚开始也许还会让人觉得耳目一新,但久而久之,效果只会适得其反;裁判的偏袒,更是让这项运动越来越失去公正性。我们只能希望这样的事件,在竞技体育中尽可能地少发生。


生きてます報告2010年3月 

もうすぐ4月だというのに、まだ寒いですね。

3月半ばで、12月から取りかかっていた長期の仕事は無事終了しました。その後、また別の長期の件を受注し、今はその作業をしています。昨年末に参拝した穴八幡様の御利益でしょうか。ありがたいことです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。