スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念碑ではあるが慰霊碑ではない(池上さんの戦争SP番組を見て その2) 

2010/8/15にテレ東でOAされた「池上彰の戦争を考えるSP ~戦争はなぜ始まり、どう終わるのか~」についてもう一つ。

旧満州を紹介する内容の一つとして瀋陽ロケがあった。なかでも九一八事変(満州事変。1931年9月18日に起こったので中国ではこう呼ぶ)の60周年(つまり1991年)に建てられたという記念碑はひときわ目を引いた。日本人の感覚からするとものすごく大きい。高さが人の身長の数倍はある。

ざっと調べてみたところ(参考サイトは主にここ)、記念碑は「残暦碑」という名称。なお「残歴碑」と表記する日本語サイトも多いが、とりあえず検索結果で多数派の「暦」としておく。ちなみに碑は暦の形をしている。

碑の高さは18m、幅30m、奥行き11mで、「瀋陽九・一八事変陳列館」という施設の広場に建てられた。やがてこの陳列館は、1997年からの拡張工事を経て1999年に「九・一八歴史博物館」としてリニューアル。博物館名の文字は江沢民自身の筆によるもの。現在は、国家級愛国主義教育基地となっている。

つまりこの記念碑の建設は、1989年の天安門事件を経て、中国で愛国主義教育を強化する流れを背景としているものだ。記念碑は「この辱めを忘れてはいけない(そして、その辱めから人民を解放したわが党は偉大なのだ)」と国民を教育するためのツールであって、例えば日本の原爆死没者慰霊碑のような、鎮魂とか祈りのためのモニュメントではない。その違いを踏まえながら番組を見ていた人はどのくらいいたのだろう。ちょっと気になったので書いてみた。


関連リンク:戦争が始まる気配に早く気づく人間になるためには?(池上さんの戦争SP番組を見て その1

スポンサーサイト

戦争が始まる気配に早く気づく人間になるためには?(池上さんの戦争SP番組を見て その1) 

2010/8/15にテレ東でOAされた「池上彰の戦争を考えるSP ~戦争はなぜ始まり、どう終わるのか~」を、録画で見終えた。

番組は、サラエボでのロケを含めた旧ユーゴスラビア紛争についての解説と、1930年代から1945年までの日本の戦争についての解説で構成。

池上さんの、番組エンディングの言葉がとても印象的だったので、ざっと起こしてみた。

続きを読む

口蹄疫リンク 2010/05/16 

「口蹄疫」という言葉は、まず中国語で先に覚えました。日本人の中国語学習者はだいたいそうだと思います。まさか日本でも数万頭規模の殺処分が行われるような深刻な事態になるとは。大変驚くとともに、宮崎県の現場の方々の苦しみを思うと胸が痛みます。一日も早い終息を願うばかりです。

以下、まさに“流水帳”(分析や考察のない単なる羅列)ですが、情報を一部引用しつつはり付けておきます。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/syh_siritai.html
口蹄疫について知りたい方へ(農水省)

口蹄疫とはどのような病気ですか?
牛肉や豚肉を食べたり、牛乳を飲んだりして口蹄疫にかかることはありますか?
口蹄疫は、鳥インフルエンザやBSEとどうちがうのですか?
口蹄疫が広がらないようにするためどのような取組をしているのですか?
(後略)


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100507-OYT1T00974.htm?from=navr
宮崎の口蹄疫、韓国・香港のウイルスと酷似
(2010年5月7日19時29分 読売新聞)

 農林水産省は7日、宮崎県で見つかった口蹄疫ウイルスを動物衛生研究所(本部・茨城県)と英国の家畜衛生研究所で分析した結果、韓国と香港で今年発生したウイルスと遺伝子が極めて似ていると発表した。
 どちらかから宮崎県に流入した可能性が高まった。
 発表によると、動物衛生研究所がウイルスの遺伝子の塩基配列を調べ、世界中の口蹄疫ウイルスの遺伝子データを集積している家畜衛生研究所に照合を依頼した。ただ、動物衛生研究所によると、ウイルスは感染するたびに変異するうえ、英国の研究所にすべてのウイルスのデータはないため、どちらから流入したのか特定は難しいという。


http://www.epochtimes.com/gb/10/5/15/n2908704.htm
日韩爆口蹄疫 防疫上紧发条

县府家畜疾病防治所表示,农委会动植物防疫检疫局8日指出,日本及韩国接连爆发严重的O型及A型口蹄疫疫情,日本已扑杀5万余头猪及牛,韩国则已扑杀逾6000头猪及偶蹄类动物,且到目前为止,两国的口蹄疫疫情还没被完全控制,且日本的O型口蹄疫病毒株经基因比对后发现,与韩国及先前发生在香港的口蹄疫病毒株相似,推测彼此应该有所关联。


http://www.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/china.html
中国における口蹄疫発生に関する情報(動物衛生研究所)

2009年1月以来、4つの省でAタイプの口蹄疫も発生し(いずれも発生は牛)、今後も感染の拡大が懸念される



(おまけ)
http://www.tanteifile.com/diary/2010/05/16_01/index.html
口蹄疫の真実(探偵ファイル)

JA職員から興味深い話を聞いた。「今回の事件に小沢がからんでる。群馬にいる小沢の愛人の女社長が経営する牧場で3月に口蹄疫が出ていた。そして5頭ほど埋めた。今回、宮崎で発症した牧場(カマンベールチーズを作ってる会社)にその女社長が度々訪問しており、飼料等も送っていたのでそれで感染したのではないか。小沢が宮崎入りしたのはその様子を見るためと、関係者に金を渡して口止めするため。」
本当かよ。何か新種の都市伝説のよう。宮崎のJA職員を紹介してもらい、聴取した。



2010年に向けた神頼み 

当ブログにアクセス頂いている皆様、あけましておめでとうございます。

昨年は、もうちょっとブログ更新の頻度を上げようと決意したとたん、12月からやや長期で定期的に納品する仕事を頂いたので、やはりブログがほったらかしになっておりました。

昨年をトータルで見ると、景気が悪かったのは確かです。ということで、先月にふと思い立って神頼みをすることにしました。これまでは「人事を尽くしていないのに神様に頼るのは怠慢だ」との思いがあって、基本的に具体的な願掛けのようなことはしませんでした。何かの本にも「神様には何か頼むのではなくて、ありがとうと感謝の意を述べるものだ」とありましたし。

しかし、デフレは続いているし、2010には「景気の二番底が来るか?」とも言われているし、どうしても神様に祈りたい心境になってしまいました。というわけで、先週早稲田の穴八幡宮に行って、「一陽来復」のお守りをもらい(実際は800円で買う)、参拝もしてきました。金銀融通のお守りとして有名で、元禄のころから続いているそうです。

同じく自営業の友人と行ったのですが、10年ほど前にも来たことがある彼女いわく、前回より人がだいぶ多く、年齢層が高くなっているとのこと。見た感じ、確かに年金受給者とおぼしき年齢の人がかなり多い印象でした。年金をもらって金銭的にはある程度安定しているはずなのに、まだ御利益が必要なのかしらん、とちょっと不思議に思いました。

一陽来復のお守りは、説明書きの紙にあるとおり、09年12月31日24時に恵方に向けて貼りました。
ちなみに、このお守りは毎年冬至から翌年節分までの期間限定で配られています。ただし貼る日が限られていて、今期のお守りを貼るチャンスは、今度の節分24時の1回のみです。詳細は上記「穴八幡宮」のリンク先をご参照ください。

では、2010年が皆様にとって良き年となりますように。

生きてます報告? 

根が怠け者なので、気がついたらずいぶん長くブログをほったらかしにしていた。

別にすごーく忙しいというわけでもなく、単に更新をサボっていただけ。体調は良好、仕事はボチボチ。それでも、今年の春夏あたりは未曾有の不景気だったことを考えると、それよりは多少は上向いたので、本当にありがたいことだと思っている。

更新がないので「大丈夫か、こいつ?」と気に掛けて下さった方がいらっしゃったら、すみませんでした。
無事に生息しているので、どうかご安心を。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。