スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾教育部国語辞典リニューアル 

メンテナンスがずいぶん長く続いていたが、ようやく試用版ということながら、使えるようになった。う、うれしい~。
スポンサーサイト

「『いっかげつ』の“か”は、どの“か”が正しい?」の翻訳者向け補足情報 

Ctransさんが紹介されていた標題の記事「『いっかげつ』の“か”は、どの“か”が正しい?」を私も読んでみた。

国立国語研究所の“「ことば」の電話質問”に相談してみた。

「基本的に何を使っても構いませんが、役所が出す公用文では、算用数字のあとはひらがなの“か”、漢数字のあとは漢字の“箇”を用いていますよ。これにならった形で作られている文書は、多いかもしれません」


個人的に書く物であれば、好みの表記を選べばいいわけだが、翻訳の場合はマスメディアの用字用語の手引きに準拠しなければならないケースがままある。というわけで確認してみた。

■「1カ月」(大きい「カ」)
・共同通信記者ハンドブック第10版(ATOK用)
・朝日新聞の用語の手引き(1990年!という古い版なので、最新版で違うことが書いてあったらご指摘下さい)

■「1か月」(ひらがな)
・NHK 新用字用語辞典 第3版

他の用字用語の手引きをお使いの方、その本ではどうなっているか情報をいただけると大変うれしいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。