スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“達(ダライ)集團”の“集團”について 

ctransさんのところから。

ニュースや新聞で使われている「ダライ集団」を「ダライ・グループ」や「ダライ一派」あたりに整形すべきと考えるのは私だけでしょうか。


私も、日本語においても「集団」のままとするのは翻訳的怠慢だと思っていた。原語のニュアンスが伝わっていない、というのがその理由だ。
続きを読む
スポンサーサイト

敵に味方したと見なされただけで国賊、の「中国愛国主義」 

もうあちこちで話題になっているが、取り急ぎリンクのみにて。2005年以来の「愛国主義」の高まりというか、文革時代の再来というか。

「帰国したら死体細切れ」 チベット問題でネット暴力 仲裁の中国女子留学生に悪質非難

青島留美女生被指支持"藏獨"遭網友怒罵(圖)


ついでに、アンチCNNソングのyoutubeリンクを。たくさんアップされているが、歌詞が動画説明の欄に掲載されているものを紹介。1970年代フォークソング風。

做人別太CNN

こちらは新曲(?)。歌い手も曲調もだいぶ違い、民謡調。

《奧運年》

「パリ聖火リレー走者襲撃の自作自演疑惑」をめぐる中国語記事 

3月のとくに後半は仕事がつまっていて、体力的に結構しんどかったが、今は比較的ゆったり過ごせている。しかし、前のエントリーでビョークの件をたまたま取り上げたら、ほどなくしてチベットがとんでもない事態になってしまい、気もそぞろでブログ更新どころじゃないというか、心配で仕方ないというか、そんな心境だ。

中国共産党の定義でいう「人権」ではなく、民主主義的価値観で称するところの人権(信仰の自由も含めて)がない状態にあるチベットの人々の苦しみは想像を絶するものだろう。自分にできることなどごく限られているけれど、何ができるか模索し、実践したい。

さて、某巨大掲示板でいまだに話題になっている「パリ聖火リレー走者襲撃の自作自演疑惑」。中国語版原文があるかと思って探してみたが、完全に同じものはうまく発見できなかった。が、関連がかなり強そうな記事はあったのでリンクしておく(原語のままだと文字化けするので、「撃」の字を私の方で和漢字に変更した)。

網文:襲撃火炬手金晶的到底是誰?

どこかの掲示板にあったものを記事中に引用する形。掲示板にオリジナルの書き込みをした人は、五星紅旗の人と雪山獅子旗の人同士がいがみあってないことを含めていくつか疑義を呈し、あとは皆さんの判断にお任せする、という感じで書き込みを終わらせている。

また、日本語の記事にあった「300ユーロの日給で雇われて云々」という点に関しては、こんな記事があった。

"藏独"出300欧元雇傭抗議者 金晶捍衛奥運聖火

「華人学生の話では、あるタイ系の抗議者が『チベット独立』組織から300ユーロもらったと学生たちに話したという」、だそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。