スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語学は雪のようなもの(by 渡辺謙さん) 

やや古いテレビの話だけれど、思い出しながら書く。

10/31(土)、「ウェークアップ!ぷらす」 (日本テレビ系列)をたまたま見ていたら、映画『沈まぬ太陽』のプロモーションの一環なのだろう。渡辺謙さんと辛坊治郎キャスターの対談ビデオが流れた。

二人でしゃべっているのをよく聞くと、ともにテンポの良い関西風のアクセント(と、関東育ちの私には聞こえる)。「へえ、謙さんも関西の人なんだ」と思っていたら、辛坊キャスターが「あれ、謙さんは新潟出身でしたよね? なんで関西弁がそんなにうまいんですか」と尋ねた。私も「えっ、関西育ちじゃないのに、なぜに関西弁がこんなに達者なの?」と意表を突かれたのだが、謙さんの答えは「カミさんが兵庫県尼崎市の出身なんで、自然に覚えた。自分のアクセントが正しくないと、『それ違うよ』って直される」。

「しゃべっているうちに言葉を覚えた」つながりで、今度は辛坊キャスターが謙さんがどうやって英語を習得したかについて質問。具体的な内容は失念してしまったが、要は英語を使わざるを得ない環境に放り込まれたら、覚えないわけにはいかない、だから知らず知らずのうちに聞く・話すができるようになった、ということだったように思う(私の記憶がもし違っていたらご指摘下さい)。

謙さんによると、英語でのコミュニケーションが必要な場に長くいると、「あれっ、俺っていつのまにかこんなに英語が分かるようになってる」と気づくことがあるそうだ。逆に、しばらく英語を使わないでいると、あっというまにその英語力が消えてしまい、また分からなくなってしまうのだという。

その状況を謙さんは、「まるで雪みたいなもんですよ」とたとえた。ふと気づくと、ずいぶんと積もっていたり、あるいはいつのまにか溶けて消えていたり。

語学に関して悪戦苦闘している人なら、絶対にうなずける比喩だ。ただし、たとえ少しずつであっても、雪がなが~~~く降り続けると、根雪になったり、土と一体化した地層になったりして、ゆっくり蓄積するんじゃないだろうか、とも思う。



スポンサーサイト

政治の文化大革命? 

「毎日フォーラム:民主政権の課題と自民再生への展望」という記事より(太字は引用者)。

 毎日新聞の政策情報誌「毎日フォーラム-日本の選択」のシンポジウム「政治は変わったか~民主政権の課題と自民再生への展望」が12日、東京都内で開かれた。

 仙谷由人行政刷新担当相は、来年度予算の圧縮を目指す「事業仕分け」について「これまで一切見えなかった予算編成プロセスのかなりの部分が見えることで、政治の文化大革命が始まった」と意義を強調。そのうえで「見直し、縮減との結論が出た項目でも、予算を付けなければならないことも出てくる」と述べ、最終的には仕分け結果の当否を政治判断する考えを示した。


前後の文脈が分からないし、おそらく「文化大革命」は一般名詞のつもりで使ったんだろうけど、私なんぞは固有名詞としか受け取れない。もしや“十年動乱”を引き起こすおつもりなのか。「事業仕分け」の行く末がちょっと心配になってきた(笑)

生きてます報告? 

根が怠け者なので、気がついたらずいぶん長くブログをほったらかしにしていた。

別にすごーく忙しいというわけでもなく、単に更新をサボっていただけ。体調は良好、仕事はボチボチ。それでも、今年の春夏あたりは未曾有の不景気だったことを考えると、それよりは多少は上向いたので、本当にありがたいことだと思っている。

更新がないので「大丈夫か、こいつ?」と気に掛けて下さった方がいらっしゃったら、すみませんでした。
無事に生息しているので、どうかご安心を。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。