スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念碑ではあるが慰霊碑ではない(池上さんの戦争SP番組を見て その2) 

2010/8/15にテレ東でOAされた「池上彰の戦争を考えるSP ~戦争はなぜ始まり、どう終わるのか~」についてもう一つ。

旧満州を紹介する内容の一つとして瀋陽ロケがあった。なかでも九一八事変(満州事変。1931年9月18日に起こったので中国ではこう呼ぶ)の60周年(つまり1991年)に建てられたという記念碑はひときわ目を引いた。日本人の感覚からするとものすごく大きい。高さが人の身長の数倍はある。

ざっと調べてみたところ(参考サイトは主にここ)、記念碑は「残暦碑」という名称。なお「残歴碑」と表記する日本語サイトも多いが、とりあえず検索結果で多数派の「暦」としておく。ちなみに碑は暦の形をしている。

碑の高さは18m、幅30m、奥行き11mで、「瀋陽九・一八事変陳列館」という施設の広場に建てられた。やがてこの陳列館は、1997年からの拡張工事を経て1999年に「九・一八歴史博物館」としてリニューアル。博物館名の文字は江沢民自身の筆によるもの。現在は、国家級愛国主義教育基地となっている。

つまりこの記念碑の建設は、1989年の天安門事件を経て、中国で愛国主義教育を強化する流れを背景としているものだ。記念碑は「この辱めを忘れてはいけない(そして、その辱めから人民を解放したわが党は偉大なのだ)」と国民を教育するためのツールであって、例えば日本の原爆死没者慰霊碑のような、鎮魂とか祈りのためのモニュメントではない。その違いを踏まえながら番組を見ていた人はどのくらいいたのだろう。ちょっと気になったので書いてみた。


関連リンク:戦争が始まる気配に早く気づく人間になるためには?(池上さんの戦争SP番組を見て その1

スポンサーサイト

戦争が始まる気配に早く気づく人間になるためには?(池上さんの戦争SP番組を見て その1) 

2010/8/15にテレ東でOAされた「池上彰の戦争を考えるSP ~戦争はなぜ始まり、どう終わるのか~」を、録画で見終えた。

番組は、サラエボでのロケを含めた旧ユーゴスラビア紛争についての解説と、1930年代から1945年までの日本の戦争についての解説で構成。

池上さんの、番組エンディングの言葉がとても印象的だったので、ざっと起こしてみた。

続きを読む

大明王朝 ~嘉靖帝と海瑞~ DVD-BOXI、DVD-BOXII 

当方が15話分の字幕翻訳を担当した「大明王朝 ~嘉靖帝と海瑞~」(DVD-BOXIとDVD-BOXIIで全46話)が先月から今月にかけて発売されています。

*Amazon.co.jpの商品ページ

大明王朝 ~嘉靖帝と海瑞~ DVD-BOXI
大明王朝 ~嘉靖帝と海瑞~ DVD-BOXII

嘉靖40年、ワイロの横行により、国は厳しい財政を強いられていた。
朝廷はシルクの生産を拡大するために、浙江で田地を桑畑に替える土地改革を打ち出す。
反発する地元民をよそに、腐敗官僚の厳世蕃(げんせいばん)は洪水を利用し、改革を進めようともくろむ。
そこで立ち上がったのは、淳安県の県知事に任命された海瑞(かいずい)だった。
海瑞は問題の根本は官僚の腐敗にあることを見抜く。
モンゴルの侵入や商人の癒着などに悩まされた明朝。
厳嵩(げんすう)ら腐敗官僚が朝廷の実権を握る中、
嘉靖帝(かせいてい)は貧困に苦しむ国民を無視し、自らの趣味に没頭していた。
海瑞は政治を立て直すため、嘉靖帝に諌言することを決意する・・・。


ジャンルとしては歴史物なのですが、時代や国を超越した人間劇、という受け取り方もできる作品だと思いました。官僚同士、官僚と宦官間のいがみ合いや足の引っ張り合い、あるいは友情や、登場人物の家族の思いなどがよく描かれていて、見応えがありました。

視聴者としては楽しめましたが、セリフに古典の引用や古典を踏まえた内容が多いので、翻訳作業としては結構大変でした。一緒に翻訳を担当した2人の翻訳者さんたち(つまり私を含めて翻訳者3名の体制)とメールで情報を交換したり励まし合ったりしなければ、最後までたどりつけなかったかもしれません。遅ればせながら、この場で改めて感謝申し上げます。


Twitter始めております 

猛暑が続きますが、いかがお過ごしですか。

ブログでのお知らせをしそびれていましたが、Twitterを始めております。

http://twitter.com/YAKO_Kimie

アカウントをお持ちの方はのぞいてみてください。ツイートは今のところ1日0~3回程度のペースです。基本日本語、たまに中国語、ごくまれに簡単な英語でつぶやいています。

フォローする・やめるは、いつでもご自由にどうぞ。事前に声を掛けて頂く必要などありませんので。

ちなみに、ツイッターアカウントがなくても閲覧だけはできるソフトなどもあるようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。