FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理不尽に怒られる 

とある私鉄に乗っていた時のこと。携帯宛のメールを受信した。人様が見ればくだらない用事だが、自分としてはとても重要で、至急返信しなければならない内容であった。

必死で返信メールを作成していたところ、その時に停車した駅から乗り込んできた60~70代くらいの男に、「おい、何をやってる。こんな所で携帯など使うな」と注意された。
実はこの時に私が座っていたのはシルバーシートだった。ふだんは極力シルバーシートには座らないようにしているが、このときは母がシルバーシートに先に座っており、その隣が後から空いたので、自分も座っていたのだった。

この私鉄のルールでは、シルバーシート周辺は携帯の電源をOFFにし、一般席は通話は禁止、マナーモードで他の機能は使用可、ということになっている。私は、携帯の電源をうっかり切らないでシルバーシートに座っていて、至急のメールを受信したばかりに、そのルールのことは瞬時にきれいさっぱり忘れてメール操作をしていたわけだ。

注意してきた男の口調はかなり横柄だったが、ルールに反した行為をしていた自分は確かに悪いし、もしかして高齢なので心臓のペースメーカー使用者かもしれない、だからこんなに怒っているのかもしれない、とも一瞬考えた。そこで「すいません」と誤って一般席の方に移動したら、後ろの方からオヤジは私にこう怒鳴った。

「誰も席を移れとは言ってない。携帯など使うなと言ってるんだ。そんな物使ったらダメなんだ」。

私としては、一刻もメールを早く返信したかったので、携帯の画面から目を離さず、「急ぎの用事がありますから」と片手間に答えてメール操作を続けた。その後もオヤジは何か文句を言っていたかもしれないが、メールに集中していたので記憶はない。

一般論として、社会のルールを守っていない赤の他人に注意する勇気と心意気は、今の世の中には必要かもしれない。そのオヤジにも、態度がなってない人間を叱ったという「社会的正義の達成感」のようなものが感じられた。しかしねオッサン、この路線では携帯電話は全面使用禁止ではないのよ。人を叱りたいなら、通話とメール機能の区別がつくようになってからにしてね(笑)

ちなみのこのオヤジ、外見はかなり迫力があった。ガタイはでかく、頭は五分刈りで眼光が鋭い。着ているのは白の柔道着もしくは空手着。胸元には日章旗のワッペンがあしらわれている。そして何が入っているのか分からないが大きくふくらんだ白の布袋を足元に置き、その袋にはかなり履き古した感のある白い鼻緒の下駄がくくりつけられている。さらに、長さ1m50cmくらいでその大半が白のビニールテープでぐるぐる巻かれた太い木製の棍棒まで携えているのだ。こういう武道は日本にあるのだろうか。それともコスプレ?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yakobiz.blog49.fc2.com/tb.php/130-18fae039

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。