FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国語大辞典のオンライン版「日国オンライン」開始 / でも高い 

「日本国語辞典 第二版(全13巻)」をオンラインで検索・閲覧できる日国オンラインのサービスが2007/7/2に始まった。同サービスの紹介記事を一部引用してみよう。

ネットアドバンスは2日、「日本国語大辞典」のオンライン版「JKセレクトシリーズ 日国オンライン」を開始した。月額料金は個人向けが1,575円、法人向けが15,750円。同社のオンライン辞典「ジャパンナレッジ」の会員は優待料金で利用できる。

50万項目、100万用例のほか、風俗・服飾・絵巻物・図誌などの関連図版5,000点を収録。それらを、見出し語や全文、用例、方言などで検索できる。

日国オンラインは、30以上の辞典・辞書などを収録するジャパンナレッジの追加コンテンツとして提供される。


ジャパンナレッジの追加コンテンツには、日国オンラインのほかの字通日本歴史地名大系もある。また、ジャパンナレッジの「30以上の辞典・辞書など」には、日本大百科全書(ニッポニカ) 、デジタル大辞泉、数え方の辞典、情報・知識 imidas、現代用語の基礎知識、会社四季報、科学技術略語大辞典、プログレッシブ英和中辞典、ランダムハウス英和大辞典、Encyclopedia of Japan、COBUILD英英辞典、CAMBRIDGE英英辞典などが含まれ、なかなか魅力的。

しかし、使用頻度はそう高くないだろうから、どう考えても現行の料金体系は高い。ジャパンナレッジのコンテンツと、日国オンライン、字通を使いたい場合は、ジャパンナレッジの月額料金にそれぞれの追加料金を負担する必要がある。

そこで、ジャパンナレッジの問い合わせページから、従量制料金体系の導入の可能性はないのかどうかを尋ねてみた。夜メールを送り、その翌日の午後には「重要課題として検討中」という旨のとても丁寧な返信をもらった。自分の利用スタイルに見合う料金プランが登場したら、入会を検討しようと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yakobiz.blog49.fc2.com/tb.php/132-0562593d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。