FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンター買い換え 

4年ほど使ったcanonのpixus 860iから、同じくpixusのip2600という機種に最近買い換えた。860iが使える状態ではなくなってしまったのが理由だが、細かく言えば、用紙の背もたれみたいな部分(プラスチック製)の、本体と接続するツメが折れてしまったことである。ふだんからたたまずに用紙を入れっぱなしにしていたのだが、部屋掃除の際に(自分が)背もたれにぶつかってしまってツメが折れたのだった。

まずは、「背もたれ」だけ売ってほしいとメーカーに電話で問い合わせてみたが、そもそも顧客が取り外しできるパーツではないから売ることはできない、と断られた。まあ、メーカーにしてみれば、取り外し可能な仕様にしたら買い換え需要減少の恐れがあるから、そうはしないのだろう。

印刷機能はまったく問題がないのに買い換えるのは、いささか理不尽である。だがキヤノンの場合は、修理代は一律で確か7000円くらいかかるため、6000円台のip2600(もちろん新品)を購入する方が安かったので、購入することにした。最近の主流は複合機のようで、印刷だけの機種はここまで価格が下がっているのか、と驚いた。

私の場合、翻訳作業においてプリンターは必須だ。納品前に訳文をチェックする際は、必ず原文と訳文の両方を打ち出して、赤ボールペンでチェックを入れ、それを見ながら訳文ファイル上で修正する。ファイル上のみでの修正だと、見落としが多くなりそうな気がするからだ。だから私がプリンターに求めるのは、モノクロテキストの印刷がほどほどに速いことである。画像印刷の鮮明さとかは二の次。

その点、今回購入のip2600には満足している。自分の用途には十分だと思う。購入の際には、エプソンの同等スペック機種も検討し、デザイン的にはエプソンがいいと思ったのだが、amazonのレビューにその機種はモノクロテキストの印刷が遅い、という声があったので、キヤノンに決めた。

ip2600の気に入らない点をあえて挙げれば、筐体の色と材質だ。指紋をつけるととても目立つのが気になる。色が黒なのでよけいに。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

私も同じpixusシリーズのip3500を使っています。複合機は壊れやすそうな気がするので、印刷だけの単機能モデルを使っていますが、費用対効果が高く、使いやすいので気に入っています。
訳文のチェック時は、私も印刷してます。やはり紙の上だと画面とは見え方が違うのでしょうか。気がつかなかったあんなミスやこんなミスに毎回肝を冷やしながら修正を行っています(^^;

確かに単機能プリンターはコストパフォーマンスいいですよね。プリンターに2~3万円払っていた頃を思うと、夢のようです。(^^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yakobiz.blog49.fc2.com/tb.php/175-992d8452

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。