スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキュメンタリー・ドリーム・ショー 山形in東京2010【まもなく開催】 

ドキュメンタリー・ドリーム・ショー 山形in東京2010【まもなく開催】

「山形国際ドキュメンタリー映画祭」東京事務局から標題イベントの案内を先般頂いていました。告知歓迎とのことですので、当ブログにも一部転載いたします。

1989年から隔年で開催されている「山形国際ドキュメンタリー映画祭」。
2009年の上映作品を中心に、めったに見られない旧作をまじえて、東京で世界のドキュメンタリー映画約100本を一挙上映!!

■ 名称: ドキュメンタリー・ドリームショー 山形in東京2010

■ スケジュール:http://www.cinematrix.jp/dds2010/schedule.html

■ 場所・日程:
 ユーロスペース 09/18(土)~10/01(金)
 ポレポレ東中野 10/09(土)~10/23(金)

▼ ヤマガタで愛されてきたペルー出身の映像作家、エディ・ホニグマンの4作品を上映する「音楽、愛、人生/エディ・ホニグマン」特集。
▼ 詩的で官能的な美学が現代アート界でも注目を浴びる、アマル・カンワル。「大陸インド、夢の王/アマル・カンワル」特集。
▼ ビトムスキーやアヴィ・モグラビなど名匠の新作も! 
▼ 10月には小川紳介賞受賞『アメリカ通り』キム・ドンリョン監督(韓国)日本映画監督協会賞『馬先生の診療所』のツォン・フォン監督(中国)ら来日!

ほかイベント満載


私が字幕を担当した作品も以下のとおり上映予定です。

「現実、それは過去の未来」(2009山形国際ドキュメンタリー映画祭上映作品)
 ・10/16(土) 16:30~(ポレポレ東中野)
 ・10/18(月) 19:00~(ポレポレ東中野)

* http://www.cinematrix.jp/dds2010/china.htmlより。
アマチュア・レポーターたちが広州の路上でニュース用に撮影した20編の「事件」を編集し、無関心な社会の営みがリズムを刻み、街のシンフォニーを奏でる。

私が邦題をつけるとしたら絶対「広東コラージュ」だな、と思いながら作業をしていました。いわゆるストーリーというか起承転結があまりないタイプの作品なので、審査員ウケはしづらいかもしれません。でも、素材の選び方とか編集の仕方のセンスが自分の好みに合っていて、個人的には結構ハマってしまいました。

●「長江に生きる」(2007山形国際ドキュメンタリー映画祭上映作品。ナント三大陸映画祭銀の気球賞、プント・デ・ヴィスタ映画祭グランプリ、香港国際映画祭優秀ドキュメンタリー賞、山形国際ドキュメンタリー映画祭小川紳介賞ほか受賞)
 ・10/28(木) *詳細は事務局にお問い合わせください。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yakobiz.blog49.fc2.com/tb.php/203-dd8de256

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。